電話がつながるまでかけてくる

以前付き合っていた彼氏はものすごく束縛する人でした。


一番大変だったのは、やはり常に私がどこで何をしているのかを把握していないと嫌だったのか、「電話がつながるまでかけてくる」ということです。


万一電話を取らなかったら大変です。

後から気づいて折り返し電話をすると「どこにいたの?何で電話取らなかったの?誰かと一緒にいるの?本当にそこにいるの?」と質問攻め。


一応私が嘘をついていないということがわかれば治まるのですが、それでもやっぱり疑われたり質問攻めにされるのがストレスで、とにかく電話に気が付かないということがないようにするのが大変でした。


とはいっても常に電話を取れるわけではないですよね…。彼氏もある程度それは理解してくれていたはずですが、それでも「とりあえず電話をとって、あとから折り返すからちょっと待っててね…とか言うことは出来るだろう!」というような考えの持ち主だったようです。


しかも腹が立つのが、私にはそうやって電話を必ず取ることを強要(彼氏は強要しているつもりはなかったかもしれませんが、私には強要されているようにしか思えませんでした)するくせに、自分は電話を取らないことがあるということ。


一度などは、彼氏が電話をなくしたとかで2日間くらい連絡が取れなかったことがありました。


結局その後「ごめんごめん、携帯失くしててさ~」と軽い感じで言われましたが、もし反対だったら絶対私のことを責め立てたくせに!なんて思ってしまいましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です